歯科技工士立ち会いの部分入れ歯・総入れ歯|さくら歯科医院|自由が丘・都立大学・目黒・八雲の歯医者。

03-5731-6325

診療時間
9:30~18:30
休診日
水・日・祝
キービジュアル

担当医からの、入れ歯作りに対する想い

診療中

人の口の中は千差万別。ひとつの治療方法だけに頼るのではなく、一人ひとりのお口の状態に合わせ、様々な治療方法や技術を組み合わせ統合し、入れ歯作りをする必要がある

これは、これまで多くの入れ歯製作に携わってきて実感していることです。

患者様のお口の中は、あごの減り具合、噛み癖、あごの粘膜の硬さ、上と下のあごの位置関係、あごの関節の動き方など、複雑な状況が絡み合っています。

院長

それらのバランスに合わせた製作をしなければ、見た目が良くても噛めない、痛い、落ちやすい、発音しにくい入れ歯になる可能性があります。

患者様のお口の中の状態を詳しく調べ、様々な治療法の中から適したものを組み合わせ統合し、その患者様個人に合った入れ歯をお作りするのが、当院の入れ歯治療です。

私は入れ歯治療で困られている方の喜ぶ笑顔を見たい一心で入れ歯を作っています。
日々の研究を怠らず、まずは、患者様のお口の中の状態をしっかりと精密に把握すること。そして、真剣に患者様と向き合うこと。

これが当院の入れ歯作りに対する姿勢です。

当院の入れ歯作りにおける2つの特徴

当院の入れ歯製作における「特徴」をご紹介します。
お伝えしたいことはたくさんありますが、2つに絞ってご紹介します。

特徴1.「多種類」の入れ歯をご用意

今では、患者様のニーズに合わせた入れ歯が多く開発されています。
ここでは患者様のニーズが高い入れ歯をご紹介させて頂きます。

1. 見た目が気になる方向けの「審美」入れ歯
ノンクラスプ
2.「自分の歯」のように噛める入れ歯
オーバーデンチャー
3. 歴史と安定性がある入れ歯
チタン

1見た目が気になる方向けの「審美」入れ歯~金属のバネがありません。

ノンクラスプ

金属のバネが見えるのが嫌な方、もっとぴったりと密着した入れ歯を望まれる方、よく入れ歯が壊れて困っている方等にお勧めしているのが右記の金属のバネがない入れ歯(義歯)のノンクラスプデンチャーです。

金属バネ部分を、歯ぐきに近い色の樹脂で作ることで目立たなくしています。

  • 治療後治療後
  • 治療後治療後

2まるで「自分の歯」のようにしっかり噛める入れ歯

従来までは健康な歯に入れ歯をひっかけるのが主流でした。そのような方法ですと「見た目」が悪いばかりか、入れ歯をひっかけた歯に過度な負担を与えてしまい最終的にはダメに成ってしまう可能性があります。

しかし、入れ歯は進化しています。

見た目も機能性も追求したい方には、磁石を利用した「磁性アタッチメント義歯」や、インプラント技術を活用した「インプラントオーバーデンチャー」を当院ではお勧めいたします。
ここでは「磁性アタッチメント義歯」をご紹介させて頂きます。

この入れ歯は、そもそも金属のバネという概念自体が存在しませんので、見た目も良く、バネではない方式でしっかり入れ歯を固定しますので「噛めない」「外れてしまう」ということもありません。磁性アタッチメントの特徴は下記になります。

入れ歯
特徴1.入れ歯を装着していることに気づかれません
金属のバネを使いませんので、入れ歯を入れていることに気づかれません。
特徴2.着脱が簡単
磁石で固定させているので、簡単に取り外しができます。
特徴3.しっかりと固定されます
強力な磁石を使っているので、動かず、外れません。
また、磁力は半永久的に機能しますので、取り換えなどの必要はありません。
特徴4.お手入れが簡単
シンプルな構造なので、お手入れは普通の入れ歯と変わりません。

3「歴史」と「安定性」がある入れ歯

チタン・コバルトクロム・ゴールドを使った3種類の入れ歯(金属床)があります。

入れ歯入れ歯

これらは「薄い」「軽い」「壊れにくい」「飲食物の温かみ・冷たさを感じられる」という特徴を持ちます。
それぞれ具体的にご紹介します。

1.軽い材料でつくる

保険の材料で作る入れ歯は重いため、噛むという動作に負担を与えます。
一方、金属床義歯で使用する材料には、保険の材料の約1/4の重さのものを使用します。

2.薄い材料でつくる

口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。このため、金属床義歯で使用する材料の場合、保険のものに比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。

保険の入れ歯
【保険の入れ歯】
保険外の入れ歯
【保険外の入れ歯】

3.食べ物の温もりを感じられる材料でつくる

保険の入れ歯を入れると、温かい・冷たいといった食べ物の温もりがあまり感じられません。
食べ物の温もりは味覚に大きな影響を与えます。このため、金属床義歯では温もりを感じられる材料(専門的に表現すると、熱伝導率の高いもの)を使用します。

温度が伝わる

食べ物の温度を瞬時に伝えることが出来ます。

食べ物の温もり

4.他の健康な歯に過度な負担を掛けない

保険の入れ歯は「たわみ」がありますので、咀嚼することで入れ歯がたわみ、入れ歯をひっかけている歯に過度な力が加わり、その歯を痛めます。しかし、金属床義歯は「たわみ」がほとんどありませんので、バネをひっかけている歯にも優しいです。

残存歯に優しい

部分入れ歯でも残っている天然菌に
あまり負担をかけません。

残存歯に優しい

特徴2.入れ歯作りのプロフェッショナル「歯科技工士が常駐」

入れ歯は、つめ物やかぶせ物と同じく、歯科医師と歯科技工士が連携して作製しています。
詰め物やかぶせ物に比べ、お口の中に占める割合が大きい入れ歯は、歯科医療の中でも特に技術的難易度の高い治療です。
歯科医師の技量だけではなく、歯科技工士においても、非常に高い知識、技術、そして経験が求められます。両者の技術が融合して、初めて「良い入れ歯」が完成します。

当院では「三田歯科技工所」」という歯科技工所と連携し入れ歯を作っています。
院内に技工所が併設されていますので下記のようなメリットがあります。

メリット1.治療期間の短縮
技工士一般的に歯科技工所は歯科医院と別の場所にありますので、情報のやり取りや、入れ歯の郵送等のための時間がどうしても発生します。
しかし、当院には「院内」に技工所があるため、これまでのような「時間的ロス」がなくなりました。
メリット2.詰めもの・かぶせもののクオリティ向上
専任の歯科技工士が院内に常駐しているため、「ドクターとの密なやりとり」が可能になっています。
入れ歯は歯科医師の指示に従い、歯科技工士が作成します。
そのため、密な連携が非常に大切になります。
一般的には歯科医院と歯科技工所は離れた場所にあることが多いので、電話などを通しての連携となり、「密なコミュニケーション」はなかなか難しいものがあります。
当院ではいつでも話し合いの場が持てる環境にありますので、自ずと入れ歯のクオリティが向上します。
メリット3.患者様とのコミュニケーションの充実
技工士実際に入れ歯を製作する歯科技工士と直接話し、現状の不具合、理想の状態をしっかりお伝えしたいという希望を持たれている患者様は多くいらっしゃいます。
当院では、製作工程で歯科技工士と直接話をする機会がたくさんありますので、「想い」をそのままお伝え頂けます。
また、ドクターにはなんとなく直接伝えることができないという患者様も中にはいらっしゃいます。そのような場合でも、歯科技工士にお伝え頂ければ、ドクターにその内容が伝わる環境が当院にはあります。

入れ歯製作の担当者の話を伺ってきましたので、ご興味のある方は下記を御覧ください。

歯科技工士メッセージ

技工士

私はこれまで数十年、入れ歯(義歯)を専門に仕事をしてきましたので、良い入れ歯を作るための工夫はたくさんしてきました。その中でも、一番大切にしていることは「愛情」を込めることです。すごい抽象的で申し訳ないのですが・・・。

私は「患者様の喜ぶ顔を見たいがため」にこの仕事をしています。
良い入れ歯を作るためにはたくさんのテクニックがありますが、そのテクニックだけでは、患者様は「笑顔」になってくれません。愛情を込めてこそ見えてくる部分もあるからです。

愛情を込めるということは、「その方の身になって作業をする」というイメージに近いかもしれません。例えば、「この入れ歯の形状だと、舌のこの部分が少しぶつかって痛いかもしれないので少し削ろう」「この大きさだと笑った時に素敵なスマイルにならない可能性があるので修正しよう」「この方は、昔のように沢庵をしっかり噛みしめて食べたいと言っていたので、この部分の吸着をもっと出したほうが良いかもしれない」など。

これらは、ただ「作業」をするだけでは決して気づかない部分です。

その方のお口の状態、顔貌、好み、性格などを自分自身に憑依させ、様々なことをイメージすること。そうすることで、新しい気づきがたくさん生まれます。それらを入れ歯に組み込んでいくことで、自然と愛のこもった入れ歯が出来上がるのです。

また、良い入れ歯を製作するためのもう1つのこだわりとして、「健康管理」があります。 一見、入れ歯製作に直接は関係ないことなのですが、非常に大切なことです。

体調が悪い時は頭も冴えなく、身体の自由がいつもよりきかなくなりますが、その状態でも、作業をしようと思えばすることはできます。

しかし、私たちの扱っているものは「患者様の身体の一部になる」ものです。

髪の毛一本がお口の中に入っただけで強い違和感を感じるように、お口は非常に繊細な感覚器官を持っていますので、ちょっとしたミスが入れ歯の不快感に直結します。

それではいけません。

常にベストな体調で、入れ歯を制作する。
医療人として基本的なことかもしれませんが、私はこれを非常に重要視しています。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

このページの先頭に戻る