痛くない(無痛)・削らない虫歯治療|さくら歯科医院|自由が丘・都立大学・目黒・八雲の歯医者。

03-5731-6325

診療時間
9:30~19:30
休診日
水・日・祝
キービジュアル

さくら歯科式-可能な限り「痛くない」歯科治療

院長、歯科衛生士と患者様

虫歯に感染すると、多くの方は言いようのない不安に駆られるのではないでしょうか。
その不安の原因は、歯医者で「痛い」思いをするから。これが正解だと思います。

虫歯の治療に「痛み」はつきもの・・・。
確かにこれまではそうでした。

しかし、今や歯科医療も格段の進歩を遂げ、可能な限り痛くない治療が可能となりました。当院が実践している可能な限り痛くない治療を下記にご紹介します。

Step1表面麻酔
表面麻酔 多くの方が嫌がるのは、麻酔注射をする時の痛みです。
事前に注射する箇所に麻酔液を塗ることにより注射時の痛みを無くします。この表面麻酔をするとしないとでは痛みに大きな違いがあります。
Step2「極細の針」を使用
麻酔針 針は細ければ細いほど痛みは小さくなります。
当院では現在現場で利用されている針の中で一番細い針を使用しているのでほとんど痛みを感じることはありません。
Step3経験とテクニック
診療風景 お口の中には痛みを強く感じる部分と、そうでない部分がありますので、痛みを感じにくい部位を狙って麻酔を打っていきます。その他、針を動かすのではなく歯肉にテンションをかけ、針に粘膜をかぶせる手法等、解剖学的な手法を活用し、可能な限り痛みの出ない工夫を実践しています。

さくら歯科式-可能な限り「削らない」「歯を残す」虫歯治療

一度歯を削ると、詰め物や被せ物をして機能を取り戻すことはできますが、
削ってしまった歯は再生することはないため、二度と元には戻りません。

「天然歯に勝る歯はこの世に存在しない」

歯を削ることは、歯の寿命を縮めることになります。何度も治療を繰り返す内に削る部分もなくなってしまい、最終的には歯を抜いてインプラント入れ歯をすることになります。当院では一人でも多くの方に健康で幸せな人生を送って頂きたいと考えております。だからこそ可能な限り「削らない」虫歯治療にこだわるのです。

ここからはどのようにして、可能な限り「歯を削らないで治療できるのか」をご紹介します。

こだわり1.視野を拡大することで精密な治療を可能とする「拡大鏡」

ルーペ

歯を削る量を最小限に抑えるには、治療部分がしっかりと見えなければなりません。従来までは「肉眼」で見える範囲での治療でしたが、当院では「拡大鏡」というものを利用し、肉眼よりも数倍拡大された視野で治療を行っています。

下の画像は肉眼での視野と、拡大鏡の視野の比較となります。
どちらの方が精密な治療ができるかは一目瞭然だと思います。

肉眼で見た場合
肉眼で見た場合
ルーペで見た場合
ルーペで見た場合

こだわり2.虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。
虫歯治療を行う上で一番大切なのは、虫歯に感染した部分を完全に除去することですが、通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきます。
しかし、この方法では、感染部位を確実に、そして正確に除去することはできません。
しかし、このう蝕検知液を使うと、感染した部分が赤く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかがわかり、歯を削る量を最小限に抑えることができます。

さらに当院では、歯を削る量を少なくする方策として、「手の感触」で虫歯の状態を確認する工程を踏んでいます。具体的には「スプーンエキスカベータ―」と呼ばれる道具を利用します。

虫歯に侵された部分は「軟化象牙質」といい、歯が軟らかくなっています。
この部分は通常ドリルでも除去できますが、手の力で除去することもできます。

スプーンエキスカベーダー

当院ではドリルだけで治療を終えることはありません。
その理由は、ドリルを利用することで健康な歯までも削ってしまう可能性があり、虫歯の奥にある神経を痛めてしまう可能性があるからです。

ある程度の部分まではドリルを利用しますが、最後はスプーンエキスカを利用し、手の感触で虫歯に感染した部分をしっかり見極め感染部分の除去を行います。

通常よりも少し時間はかかってしまいますが、可能な限り健康な歯を残すための当院のこだわりとお考え下さい。

こだわり3.可能な限り歯を残すことができる「エクストリージョン」

エクストリージョン

虫歯が過度に進行してしまった場合、通常は抜歯の運命を辿ります。
しかし、「エクストリュージョン法」を活用することで、ケースによっては抜歯せずに歯を残すことが可能になります。

この方法は、歯根廷出術とも言い、矯正治療の1つです。
歯茎の下にある虫歯を歯茎の上に露出させることにより、かぶせ物の「土台」を立てることが可能になります。また、この方法は、抜歯しないで被せ物を作ることが出来るだけでなく、その歯の予後(経過)が良くなることが期待できます。

歯根廷出術

「歯を抜かなければいけない」とされる状態でも、この治療法を用いれば、歯を残せる可能性がでてきます。可能な限り歯を残したいとお考えの方は、一度、当院までご相談ください。

こだわり4.歯を削る量を最小限にできるCR(コンポジットレジン)治療

CR治療とは、浅い虫歯治療で利用され、通常の「詰め物」よりも歯を削る量を最小限に抑えることができ、かつ、素材の色が「歯の色に馴染む白色」ですので、治療箇所がほとんど目立ちません

コンポジットレジン治療前 コンポジットレジン治療後

また、1回の治療で終了しますので、お忙しい方には喜ばれています。

虫歯治療後の詰め物・かぶせ物の種類

詰め物・かぶせ物には様々な種類があります。

詰め物・かぶせ物詰め物・かぶせ物詰め物・かぶせ物

良く知られているのは、「銀歯」と呼ばれているものですね。
これは保険適用の素材で「安価」であることにメリットがあるのですが、「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。

かわって保険適用外(自費治療)の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。

当院では患者様のお口の状態、お好みなどをお伺いし、適切な素材を複数ご提案し、最終的には患者様に判断して頂く方針をとっています。

詳しくは審美歯科または料金表をご覧ください。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

このページの先頭に戻る